Categories

Suivez-nous !

Grammar that I should have learned but can not use

EAN : 9784874247433

Grammar that I should have learned but can not use
ISBN :
 978-4-87424-743-3 // ISBN : 9784874247433
Date de parution : 2017
Editeur : Kurosio
Nombre de pages : 242
Langue : japonais
Pays d'origine : Japon

Plus de détails

JP0003589
Nouveau produit

32,90 €

- +

 
Informations

Livre sur la grammaire destiné aux professeurs et enseignants. L'ouvrage comporte des articles de recherche et des débats.

Description de l'éditeur en japonais :

教師の教えたつもり、学習者の覚えたつもりをどう解決していくか。「習ったはずなのに使えない」日本語の文法項目をとりあげ論じていく研究論集。

Sommaire en japonais :

台湾の大学生による名詞述語文の習得状況─日本語学習者作文コーパスLARP at SCUと教科書の調査に基づいて─
(砂川有里子・清水由貴子)
「文脈化」という視点─「~てある」の練習の検討を例に─
(太田陽子)
意志表現の扱いをめぐって
(高梨信乃)
日本語教育における「んですけど。」の扱い─自然な日本語を積み上げる教育実践の一例として─
(増田真理子)
徐々に起こる複数の事態の変化を表す「ようになる」─動詞の性質と誤用の関係─
(江田すみれ)
順接と逆接の境界―日本語学習者は逆接条件の「テモ」になぜ順接条件形式を使用するのか―
(蓮沼昭子)
丁寧さと関わる文法─配慮という観点から文法を見なおす─
(牧原 功)
機能語用例文データベース「はごろも」の文法項目の難易度―主に旧『日本語能力試験出題基準』との比較から―
(堀 恵子)
談話研究からみた話し方教育への示唆―学習者は接続詞をどのように習得するか―
(石黒 圭)
誤用分析からみた作文指導への示唆
(仁科喜久子・八木 豊・阿辺川武・ホドシチェク ボル)

30 autres produits dans la même catégorie :

No products

To be determined Shipping
0,00 € Total

Check out